1. 20代薄毛
  2. FAGA
  3. ≫FAGAとは?AGAとの違いと症状の特徴・原因から見えてくる対策方法について

FAGAとは?AGAとの違いと症状の特徴・原因から見えてくる対策方法について

faga

FAGAとは

女性版の男性型脱毛症のことです。女性の意味を持つFemaleの頭文字のFと、男性型脱毛症のことを指すAGAを合体させたのが、この言葉の由来になります。

女性型男性脱毛症になる人は増加傾向

通常であれば男性型脱毛症は、男性に見られる症状です。しかし近年では、薄毛の症状があらわれにくい女性でも、女性型男性脱毛症になる人が増えてきています。
両者の違いについてですが、まず症状が女性にあらわれるか、男性にあらわれるかによって付けられる名称が分類されるようになっています。
症状のあらわれかたにも、特徴的な違いが見られます。

AGAとFAGAの特徴について

男性のAGAの特徴

前髪の生え際部分から徐々に後退していく形で毛が薄くなっていきます。M字ハゲなどと呼ばれるものもよく見られます。また、つむじ付近から円を描くように、薄くなっていく人も多くいます。前髪の生え際部分だけの症状の人、つむじ付近の症状だけの人がいますが、両方の場所から薄毛が進行してしまうタイプも存在します。

基本的に、側頭部や後頭部の毛が薄くなるケースはありません。頭部の前側から頭頂部付近に症状が目立つ傾向が強くなっています。

女性のFAGAの特徴

頭頂部付近の分け目部分から、徐々に薄くなっていくことが多くなっています。つむじ付近の毛のボリュームが減り、割れ目ができて頭皮がやや目立つようになるといった症状もあります。男性のように、前髪の生え際から薄くなる女性もいます。珍しいパターンですが、生え際のボリュームがなくなってきたなら、FAGAを疑うべきです。

側頭部や後頭部の毛のボリュームがダウンする場合もあり、全体的に毛が細くなったような状態になることもあります。

男性の場合だと、薄毛の症状が徐々に進行し、頭皮がほぼツルツルの状態にまで薄くなってしまうことがあるものの、女性はそこまで症状が進行するパターンは稀です。完全に抜け落ちるパターンは女性型男性脱毛症ではなく、円形脱毛症や抗がん剤の副作用など、また別の原因が隠されている可能性を疑いましょう。

AGAとFAGAの原因について

AGAの原因

原因についての違いですが、男性のAGAは男性ホルモンの働きが関係している一方で、女性のFAGAは女性ホルモンの乱ればかりでなく、色々な要因が存在するのが特徴です。

それぞれ具体的に解説すると、男性の場合には酵素の5α-リダクターゼと、ジヒドロテストステロンと呼ばれるDHTが主な原因になります。DHTは男性ホルモンの一種ですが、男性ホルモン自体は薄毛を発生させる力を持ちません。しかし、通常の男性ホルモンが5α-リダクターゼと結びつくことによって、DHTが作り出されることがわかっています。

薄毛の症状を誘発するDHTは、前頭部や頭頂部に発生する性質を持っています。そのため、前髪の生え際部分や、頭頂部付近が薄くなってきます。

FAGAの原因

女性の場合には、女性ホルモンのバランスの乱れが主な原因ですが、女性ホルモンの乱れは更年期を迎えるころに目立つ傾向があるため、若い人よりも年齢を重ねた人ほど症状があらわれやすいという特徴があります。30歳や40歳ころから増え始めます。

女性ホルモンの乱れは、加齢だけが誘発するわけではありません。ストレスや過労なども関係します。また、過度な食事制限によるダイエットも、悪影響を及ぼします。この場合には、20代の若い女性でも、症状があらわれやすくなります。

FAGA対策について

原因がわかったなら、それを取り除くための対策を心掛けるようにします。重点をおきたいのが、女性ホルモンのバランスを整えることです。

ストレスを発散する方法を身につけるようにしましょう。たまには気分転換に外出をして、思いっきり遊んだり、外食を楽しむ、旅行でくつろぐなどの習慣を身につけるとストレスが解消されます。疲労がたまっているのなら、無理をせず、きちんと休むことが重要です。いつもよりも多く睡眠時間をとったり、たまには1日中、行動をできるだけ控えて、のんびりと過ごすと身体の回復力を高められます。精神的な疲れにも、これらの行動は有効です。

規則正しい生活習慣を身につけることも大事です。食事の時間や就寝、起床の時間をできるだけ一定に保ちましょう。夜の10時から翌日の午前2時までの時間帯に熟睡することで、自律神経が整えられて、女性ホルモンによい影響を与えてくれます。

食事内容が偏っていないか、チェックしましょう。糖質や脂質、タンパク質のバランスを考え、加えてビタミンやミネラルなどの栄養素も必要量を取り入れるようにします。鉄分や亜鉛、ビタミンEなどは毛の成長を促してくれますので、大切な栄養素です。

適度な運動も効果的です。血流が促されて、毛に栄養をたっぷりと届けることができます。ストレス解消にも役立つというメリットを持っています。

頭皮を清潔に保つために、定期的にシャンプーをしましょう。爪を立てずに優しくシャンプーしてください。

最もおすすめなFAGA対策

それは、FAGA治療を専門としているクリニックへ無料カウンセリングへ行くことです。

その理由としましては…間違った行動をして更に薄毛を進行させてしまう改悪行動の防止・正しい治療方法での早期改善が見込めるからです。育毛剤や育毛シャンプーで効果のない治療をしてお金を無駄にしてしまうくらいなら無料で受けられるカウンセリングで先ずは正しい治療ルートを探りましょう。

薄毛治療専門病院おすすめランキング