1. 20代薄毛
  2. AGA
  3. ≫AGA治療に効果的と言われる「ミノキシジル」とは?

AGA治療に効果的と言われる「ミノキシジル」とは?

薄毛の原因の代表的なものが、男性ホルモンの影響によって引き起こされるAGAとなります。
AGAは男性型脱毛症という呼び方もしますが、厚生労働省でも改善効果が認められている治療法として、フィナステリドと並んでミノキシジルが有効であると考えられています。

この成分はアメリカの会社が開発を行った発毛促進成分となっており、元来は高血圧用の経口薬として開発された医薬品でしたが、服用した人の中で副作用として全身における多毛症を発症させた人がいたために、現在では頭皮に対する外用薬としてのAGA治療薬として有効であることがわかっています。

薄毛の改善効果がある医薬品として、成分や希釈の再構築が行われた結果、1980年代に成分として配合している育毛剤が誕生しています。
薄毛の部分に塗布することで、血管を拡張させる効果があることから、血行を促進させることで栄養素が頭皮まで十分に届けられるようになります。
いくつか存在している血管拡張剤の中でも、発毛効果があると考えられているものはミノキシジルのみとなっており、血行を促進させる作用があるだけではなく、毛髪を育成させるために必要な成長因子が分泌されていると言われています。

現在においては、どのような毛髪の成長因子が分泌されているのかについては解明されていません。
日本では一般的にこの成分が配合されている育毛剤も販売が行われているために、ドラッグストアや薬局でも購入することができます。

AGAを改善させる効果があるフィナステリドの場合には、服用することで薄毛を引き起こしてしまう男性ホルモンの生成を阻害する作用が得られることで、頭皮の状態を良くすることができます。

しかし、ミノキシジルはフィナステリドとは異なり、頭皮に塗布することで直接的に毛母細胞の分裂を活性化させることによって、毛髪の成長を加速させることでAGAを改善できます。

塗布を開始してから、AGAの症状の改善がみられるようになるまでは、一定の継続的な使用が必要となりますが、AGA治療を受けられるクリニックなどでは、この成分を配合している育毛メソセラピーなどが行われており、直接頭皮に注入することによって効果が実感できるまでの期間を早めることができると言われています。

日本の厚生労働省では1999年に正式に認可をしており、外用発毛医薬品として医療機関でも処方されています。
ミノキシジルを含んでいる医薬品は、アメリカのFDAでは高濃度の製品や内服薬などについても認可を受けているものとなりますが、日本では医薬品における安全性の認識がアメリカとは異なっていることから、1%と5%の含有量のもののみが認可を受けて販売されています。

日本の大手製薬メーカーではミノキシジルを配合している育毛剤を販売しており、臨床試験を行ったデータを公表しています。

大手製薬メーカーのデータでは、著名な改善効果が得られた人は5%の配合率の育毛剤を使用した結果、全体の8.7%となっており、中程度の効果が得られた人は67.4%となります。

日本皮膚科学会ではAGA治療におけるガイドラインについて、2010年に発表しており、その中で強く効果が得られることで使用を推奨する成分として名前をあげています。

AGA治療のガイドラインに関しては、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会が策定したもので、AGAの改善法や国内外での論文を総合的に集めて精査した結果として公表しています。

そのために高いAGA治療の効果が期待できる成分として、認められていると解釈できます。

外用薬であれば皮膚からの吸収となることから、効果が制限される反面、副作用が発症するリスクも軽減できます。

内服薬に関しては、血流に溶け込む形で効果を発揮する医薬品となりますので、毛髪の高い改善効果があることで、海外では認可を受けています。

薄毛治療専門病院おすすめランキング