1. 20代薄毛
  2. AGA
  3. ≫AGA治療に効果的と言われる「プロペシア」とは?

AGA治療に効果的と言われる「プロペシア」とは?

AGAは20代から30代の若い男性に多くみられる薄毛で、AGAの原因は遺伝子の影響を受ける事で男性ホルモンのテストステロンと、体内に存在する5α-還元酵素が結びつき、テストステロンはDHTと言う強制脱毛ホルモンに変換され、DHTがヘアサイクルを乱してしまい、抜け毛が多くなる事でM字薄毛やO字薄毛と言ったAGA特有の薄毛の症状を引き起こすものだと言われています。

髪の毛は他の体毛と同じく毛周期と言うサイクルが在りますが、髪の毛の毛周期は成長期の期間が通常5年から7年あると言われています。
髪の毛が伸びる過程が成長期であり、成長期は正常な人の場合は5~7年あると言う事なのです。

しかし、AGAの症状を持つ男性の成長期と言うのはDHTと言う強制脱毛ホルモンの作用が在るため、3か月と言う短い期間になってしまいます。
生えて来た髪の毛は、長く太く伸びる前に抜け毛となるため、薄毛の症状が起きるのがAGAの特徴でもあるのです。

DHTは生えだして来た髪の毛に対し、脱毛を促す指令を送ると言う特徴が在るため、DHTを抑制させることが脱毛の改善に役立てることが出来るようになります。
また、男性ホルモンのテストステロンが5α-還元酵素と結びつかないようにすることがAGAにおける治療であり、薄毛の改善に役立てることが出来ると言うメリットが在ります。

この改善に利用されるのがAGAの特効薬でも知られているプロペシアであり、AGA治療を手掛ける病院の多くはこの医薬品を処方して治療を行う施設が多く在ります。

尚、プロペシアを処方することでテストステロンと結びついてしまう5α-還元酵素が阻害されるため、テストステロンはDHTに変換されことを防止することが出来ます。

また、DHTに変換されなくなることでヘアサイクルは従来通り正常な状態へと改善が行われる事になるため、生えて来た髪の毛は長く太く成長すると言う改善にも繋がると言う事なのです。

尚、AGAの特効薬でもプロペシアと言う医薬品は、フィナステリドとも呼ばれている医薬品で、5α-還元酵素を阻害してくれる作用が在ります。

因みに、プロペシアと言うのは医薬品の商品名であり、フィナステリドと言うのは主成分の名前になると言われています。
フィナステリドは5α-還元酵素を阻害する作用が在る事からも、元々は前立腺肥大症の治療薬として利用されている医薬品であり、5α-還元酵素を阻害する作用が在ることからも、AGAの特効薬として処方が行われ、治療に役立てることが出来るようになっていると言う事なのです。

因みに、この医薬品はAGAなどの治療を行う専門病院や皮膚科などで処方を受ける事が出来る医薬品になりますが、この医薬品のジェネリック医薬品が通販サイトでも入手が可能になっています。

AGA治療は保険適用外となるため、医薬品代や治療費などについては全額自己負担となりますが、ジェネリック医薬品は先発医薬品と比較をすると、効果はそのままで値段が安いと言う事からも、ジェネリック医薬品に注目が集まっています。

しかし、AGAの特効薬と言われている事からも、他の薄毛に対しての作用が無い事、勃起不全、精子量の低下、性欲の減退と言った副作用が在るため、安いからと言って服用をしてしまうと、薄毛の症状によっては効果が現われないだけではなく、副作用が起きるリスクもあるため、AGAの症状を特定するための遺伝子検査、医薬品の効果が在るのか、副作用のリスクが生じないのかと言った血液検査を専門病院で受ける事が大切です。

また、病院の中には薬の処方だけを行うところも在りますが、AGAは遺伝子の影響による薄毛の症状が起きる脱毛症で在る事からも遺伝子検査や血液検査を行ってくれる専門病院での治療を受ける事が大切です。

薄毛治療専門病院おすすめランキング