1. 20代薄毛
  2. 薄毛対策
  3. ≫AGAを予防・改善するために知っておくべき!正しいシャンプー方法

AGAを予防・改善するために知っておくべき!正しいシャンプー方法

一般のシャンプーに含まれる界面活性剤は、頭皮に良い成分ではありません。
頭皮に悪影響を及ぼす可能性がある化学物質なので、使い続けるとAGAを進行させる原因になります。

AGAを予防するためには、界面活性剤が含まれていない製品を選び使わなければいけません。
予防に効果があると言われている育毛シャンプーには、AGAを進行させる界面活性剤が含まれていません。

頭皮に悪影響を及ぼす成分が含まれていないので、薄毛や抜け毛を防ぐ効果を期待できます。
将来AGAに悩みたくないなら、界面活性剤が含まれる製品の使用をやめましょう。

早めに切り替えることによって、AGAの予防効果も高めることができます。
しかし、頭皮に良い育毛シャンプーを使っていても、正しい方法で髪の毛を洗わなければ意味がありません。

間違った方法で髪の毛を洗い続けていると、期待している効果を得ることができなくなります。
正しい洗い方は、髪の毛を濡らすところから始まります。
シャワーの下に立ち髪の毛の表面を濡らすだけでは、十分ではありません。
しっかりと髪の毛に適温のお湯を馴染ませ、全体に水分が行き渡るように濡らしてください。
頭皮まで全体をしっかりと濡らすことで、泡立ちが全く違うと感じるでしょう。

適温のお湯で髪の毛をしっかりと濡らしたら、次は育毛シャンプーをつけていきます。
付けていくときは、髪の毛につける人がほとんどかもしれません。

しかし、髪の毛よりも頭皮に汚れが付着しているので、必ず頭皮につけるように心掛けましょう。
頭皮につけたら、指の腹を使って良く泡立ててください。

間違った方法で多いのは、爪を立ててゴシゴシと頭皮を擦る方法です。
ゴシゴシと頭皮を擦った方が、汚れは良く落ちるイメージがあります。

そのため、力任せにゴシゴシと髪の毛を洗い、頭皮の汚れを落とそうとするでしょう。
しかし、爪を立てながら力任せに洗ってしまうと、頭皮には傷が付いてしまいます。
頭皮を傷めることも、AGAを進行させる原因です。

激しく頭を擦ることにより、余計な抜け毛も増えてしまいます。
髪の毛を洗うときは、力を抜いて優しく指の腹を使って洗いましょう。
髪の毛を洗い終わったら、次のステップはすすぎです。

すすぎが不十分で泡が残っていると、頭皮の毛根を詰まらせる原因になります。
毛根が詰まると発毛の妨げになり、AGAを進めることになりかねません。

すすぎには時間をかけて、丁寧に髪の毛や頭皮に付着した泡を落としていきましょう。
髪の毛と体を洗いお風呂から出たら、濡れた髪の毛を乾かさなければいけません。

髪の毛を乾かすときも、洗うときと同様にタオルを使いゴシゴシと水分を拭き取ろうとするかもしれません。

この行為も頭皮に良いことは何一つなく、AGAを進行させる原因になります。
髪の毛の水分を拭き取るときは、タオルで挟み込むようにして、優しく水気を吸い込ませてください。

決して力任せにするのではなく、AGAを予防するためには、丁寧に拭き取ることが大切です。
ですが、タオルで拭き取っただけでは、髪の毛の余計な水分は全て取り除くことはできません。

仕上げにドライヤーを使って、完全に乾かすようにしましょう。

ドライヤーを使うと、髪の毛を傷めてしまい、AGAの予防にならないと考えるかもしれません。

しかし、ドライヤーでサッと乾かすぐらいなら、髪の毛に深刻なダメージを与えることはありません。
むしろ、頭皮に水分が残っている方がAGAを進行させる原因となるので、予防のためにはドライヤーを使いましょう。
AGAを予防するためには、育毛シャンプーを使うのが効果的です。
しかし、間違った使い方をするとAGAの予防効果はなくなるので、必ず正しい方法で使いましょう。

薄毛治療専門病院おすすめランキング