1. 20代薄毛
  2. AGA
  3. ≫同じ薄毛でも治療法は違うの?AGAと若年性脱毛症の違いとは

同じ薄毛でも治療法は違うの?AGAと若年性脱毛症の違いとは

AGAとは男性型脱毛症の略称を指します。このAGAでは、男性ホルモンであるテストステロンが毛根に作用することによって脱毛症を引き起こします。テストステロンは主に男性器の精巣で主に産生されます。またそれ以外にも副腎でも産生されます。テストステロンは血液によって全身に送られ、毛根組織に到達すると5αリダクターゼの働きによってジヒドロテストステロンに変換されます。このジヒドロテストステロンが毛根の細胞内に存在するアンドロゲン受容体に結合すると毛の成長サイクルが短縮してしまい、育毛が阻害され、結果として薄毛や脱毛症を引き起こします。

一方、若年性脱毛症とは若い年齢で引き起こされる脱毛症のことを言います。通常脱毛症は加齢に伴う動脈硬化など年齢を重ねることで起こるものですが、この若年性脱毛症は例外的なものと言えます。若年性脱毛症の原因としてはストレスなど精神的な要因、自己免疫疾患などが挙げられ、また前述のAGAも若年性脱毛症の原因の1つと言えます。

つまりAGAと若年性の脱毛症は必ずしも違うものとは言えず、AGAは若年層から高齢者でも起こることがありますが、若年性の脱毛症の原因となることもあるのです。

AGAの治療では5αリダクターゼ阻害薬が主に使用されます。5αリダクターゼ阻害薬にはプロペシア(フィナステリド)やアボルブ(デュタステリド)が挙げられます。アボルブはちなみに主に前立腺肥大症の進行を抑制するために主に使用されている薬剤です。5αリダクターゼ阻害薬は、文字通り毛根細胞内で5αリダクターゼを阻害することによって、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを阻害します。ジヒドロテストステロンのアンドロゲン受容体に対する親和性はテストステロンのそれと比較すると10倍以上と言われています。よってテストステロンの方がジヒドロテステトステロンよりもアンドロゲン受容体に作用する力が弱くなるのです。5αリダクターゼ阻害薬の使用によってジヒドロテステトステロンができなくなると、毛の成長サイクルが正常に戻り、育毛効果を発揮するのです。ただし精子の減少や精液の減少といった副作用が現れることがあるので、パートナーの妊娠を希望する方にこの5αリダクターゼ阻害薬の使用は不向きです。また高悪性度前立腺がんのリスクも高まると言われているため注意が必要となります。

一方で、若年性の脱毛症に対してはその原因に合った治療薬が選択されます。AGAが原因となっている場合には5αリダクターゼが使用されますが、それ以外の場合には効果は得られにくいです。AGAではなくストレスなど精神的な要因で脱毛症が起こっている場合にはそれを取り除くために精神科領域の薬が使用されることがあります。また自己免疫疾患が原因となって引き起こされる若年性の脱毛症に対しては副腎皮質ステロイドなどの免疫抑制剤が使用されることがあります。また抗ヒスタミン剤も自己免疫疾患が原因となる脱毛症に対して有効性を示す場合があります。

また若年性脱毛症に対してミノキシジルを使用した対症療法が行われることもあります。ミノキシジルは市販薬としてリアップという商品名で販売されている医薬品で。ミノキシジルはホスホジエステラーゼⅤという酵素の働きを阻害する薬です。ホスホジエステラーゼⅤを阻害することによってサイクリックGMPという物質が分解されないようになります。これによって血管平滑筋内のサイクリックGMP濃度が上昇し、血管平滑筋が弛緩します。そうすると血管が拡張し、血管内径が増大します。これが頭皮の組織で起こると毛根に到達する血液量が増加し、育毛が促進されるのです。
このようにAGAと若年性の脱毛症とでは治療法の違いも出てきます。

薄毛治療専門病院おすすめランキング