1. 20代薄毛
  2. 薄毛対策
  3. ≫髪の短い人にリンスは必要?正しい頭皮ケアで抜け毛を減らそう!

髪の短い人にリンスは必要?正しい頭皮ケアで抜け毛を減らそう!

抜け毛の人にはリンスが必要か迷いますが、育毛成分の配合されたリンスの場合は、頭皮を健康にすることができるので、髪が短い人でも抜け毛を減らすことができます。

男性型脱毛症は、家族性の遺伝が原因であるとされていますが、頭皮の環境を整えることで薄毛の進行を遅らせることができます。

また睡眠時間が短かったり、運動不足の場合にも抜け毛が多くなるので、規則正しい生活を送ることが大切です。

運動や睡眠は健康な髪の毛を作るために分泌されている成長ホルモンの量を増やすために必要なので、仕事が忙しくて睡眠時間が短くなったり、脂肪をたくさん含んでいる食べ物を食べて、そのまま動かないでいると、成長ホルモンが分泌されなくなって、細く短い髪の毛が増えてしまって、抜け毛が多くなります。

細く短い髪の毛はヘアサイクルが非常に短いので、すぐに抜けてしまいます。生えてきてもすぐに抜けてしまうので、薄毛がどんどん進行して、前頭部が広くなってしまいます。前頭部の髪の毛は男性ホルモンの影響を一番受けやすいので、薄毛になり始めたら抜け毛予防のためのヘアケアを開始しなければなりません。

抜け毛予防のためのシャンプーやリンスを使用すると、頭皮環境が良くなるので、細菌の繁殖や過剰な脂質分泌による抜け毛を防ぐことができます。また育毛剤を使用する場合には、最低でも半年以上は使用し続けることが重要です。ヘアサイクルは通常の場合は半年程度なので、育毛剤などの効果が本当にわかるのは、使い始めてから半年以上経ってからです。

リンスは髪の毛に使ったとしても、洗い流すので薄毛との関係はありません。むしろ頭皮の乾燥を防ぐことができるので、薄毛を防ぐことができます。育毛剤の成分は一般的には、頭皮の血流を良くするものが多いのですが、薄毛が進行した場合には、AGA専用の治療薬を飲まなければならない場合もあります。

市販の育毛剤でも健康な髪の毛を増やす効果がありますが、発毛効果に関しては、AGA治療薬でなければ実感できないとされているので、髪の毛を発毛させたい場合には皮膚科やAGA専門のクリニックを受診して、本格的に治療をする必要があります。

髪の毛を増やす食品は、納豆や鶏肉、高野豆腐などのアルギニンを豊富に含んだ食品で、これらを毎日食べることで、アルギニンを継続的に体内に吸収することができるので、血管を広げて、血流を良くすることができます。また成長ホルモンの分泌も増えるので、強く健康な髪の毛を増やすことができます。

夏になると抜け毛が増えるのは、湿気のせいで頭皮に細菌が繁殖することや、栄養状態が悪くなって頭皮が栄養不足になることが原因です。また熱帯夜が続くと眠りが浅くなるので、成長ホルモンの分泌が減少して、細い髪の毛が増えてしまうことがあります。なかなか寝付けない場合には、カモミールやラベンダーなどのハーブティーを飲んだり、温めの風呂に入ってすぐに布団に入ることで寝付きが良くなります。

薄毛治療専門病院おすすめランキング