1. 20代薄毛
  2. 薄毛治療全般
  3. ≫薄毛治療の種類とそれぞれの特徴について

薄毛治療の種類とそれぞれの特徴について

medical

薄毛治療には数多くの治療法が存在しますが、それぞれどんな特徴があるのか考えたことはあるでしょうか。

改善法としては、内服薬、育毛剤、自毛植毛などがあります。

内服薬は、AGA専門クリニックなどの医療機関などで処方されたりあるいはネット通販で海外から個人輸入するなど方法で購入することができます。

ミノキシジルやプロペシアなど、血管拡張作用により発毛を促進したりDHTを生成する還元酵素を阻害する働きを持つことから薄毛の進行を食い止める効果が期待できることがあり、薄毛改善法の中でも最も高い効果を発揮するとされています。

内服薬であるため全身に作用するのでほかの部分の体毛が増えたり精力減退や勃起不全などの副作用が出ることもあるのがデメリットといえます。

育毛剤は、頭皮に直接塗布するタイプの薄毛治療の方法ですが、頭皮が凝り固まっていてうまく有効成分が浸透しなかったり成分によっては塗布では十分に素の育毛剤の効果を発揮できないこともあるのため、薄毛改善効果としては効果が期待できたという人もいれば全く何の効果も期待できないなど個人差が出やすいとされています。

一方、自毛植毛は自分の健康な髪の毛を採取したものを薄毛が進行している部位に移植していく方法で、もう二度と生えてこないと思っていた部位にも再び髪の毛を生やすことができる方法としてはい唯一の方法ともいえます。

発毛率が高く、移植後一時的に脱毛状態が起こりますがそれから3~3ヶ月ほどすると徐々に発毛し始めて半年から1年ほどするとヘアスタイルが楽しめるくらいまでの長さに髪が成長するとされています。

一度発毛してしまえばその後自分の髪の毛として抜けては生えて、生えては抜けてのヘアサイクルを繰り返していくので増毛やかつらのようにメンテナンスが必要ありません。

ただ、初期費用が非常に高いことが難点であり、薄毛改善治療は基本的に自由診療となりますがその中でも自毛植毛は群を抜いて高額な費用がかかるとされています。

また、薄毛の進行度合いがあまりに深刻な人の場合には十分に移植するためのドナー採取を確保することができないため複数回の施術が必要となることもあります。

このように、薄毛治療にはいくつかの種類がありますがそれぞれにメリットがありまたデメリットも存在します。効果の出方も人ぞれぞれとなりますので、自分の薄毛の状態に合わせるとどの方法が適しているかをよく検討した上で行うのが良いといえるでしょう。

薄毛治療専門病院おすすめランキング