1. 20代薄毛
  2. 育毛と栄養
  3. ≫薄毛改善に効果が期待できる?!「サンマ」を使ったレシピについて

薄毛改善に効果が期待できる?!「サンマ」を使ったレシピについて

薄毛に悩まされてしまっている人にとって、食事を基本にして改善できるに越したことはないと考えるものでしょう。その際にさんまが役に立つということがよく知られるようになってきています。薄毛に効果が高いレシピを知って、食卓にさんまをのせていくようにすると薄毛の改善を期待していくことができるでしょう。

レシピを紹介する前に考えておきたいのがどんな成分が薄毛に対して効果を発揮しているかということです。
最も効果があると注目されているのが不飽和脂肪酸であるDHAとEPAです。DHAやEPAは血液をさらさらにすることができるものと知られています。

特にEPAは血液中の中性脂肪やコレステロール値の低下に寄与したり、血栓の形成を予防する効果が得られたりすることがわかっています。また、血管壁の柔軟性や赤血球の細胞膜の柔軟性を高める効果もあり、炎症を抑える効果も示されてきています。こういった効果が薄毛に効果を発揮するのは、頭皮の隅々にまでしっかりと血液が行き届くようにすることができるからであり、栄養や酸素が十分に行き届くことで髪の毛が育ちやすくなるのです。また、その栄養となるタンパク質が豊富なのもさんまの特徴であり、薄毛対策に高い効果を期待できる食材なのです。

しかし、DHAやEPAは空気で酸化されやすいため、料理をする際には注意が必要です。最も効果的な食べ方は刺身や寿司です。もはやレシピというほどのものではありませんが、加熱調理を行ってしまうとDHAやEPAは酸化されてしまいやすいので生のまま食べるに越したことはないのです。

しかし、いつでも生で食べられるような鮮度のさんまが手に入るわけではありません。焼き魚は酸化させてしまうだけではなくて、脂が落ちてしまって摂取量減らす原因になってしまいます。最も簡単でDHAやEPAを失いにくいのはさんまの煮物です。

酒、水を100mlずつ混合したものに酢を大さじ1杯加えて煮てあげましょう。そして、煮立ったら醤油、砂糖、みりん、黒酢を大さじ1杯ずつ加えて煮切ってしまえばできあがりです。

こうすることによって脂が外にそれほど逃げずにすむことに加えて、高温に加熱されることがないので酸化されてしまうリスクも少なく、DHAとEPAを効果的に摂取することができるのです。これに加えて根昆布や大豆も一緒に煮てあげて一緒に食べるとさらに薄毛対策になるでしょう。大根おろしを加えておろし煮にするといったアレンジも可能です。

薄毛治療専門病院おすすめランキング