1. 20代薄毛
  2. 薄毛対策
  3. ≫薄毛対策にサプリメントを活用するメリットについて

薄毛対策にサプリメントを活用するメリットについて

薄毛とは、頭皮が露出したり全体の毛量が不足した状態の事で、男性に特に多いのが特徴です。これは、女性ホルモンのエストロゲンが頭髪の成長期を延長する作用があるのに対して、男性ホルモンのテストステロンの一部は、DHTという脱毛症の原因物質に変化してしまうからです。ただし、女性は全く無関係というわけではありません。

薄毛を改善するためのアイテムの一つに、人口毛により外部から覆って隠すかつらという装身具があります。
このかつらの国内最大手のメーカーのサービスは、現在では過半数がレディース向けの商品が占めている状況です。

つまり、それだけ多くの女性が薄毛に悩んでいるという事になります。

なお、薄毛を改善するアイテムといえば、最もポピュラーなのが育毛剤です。

頭皮から有効成分を浸透させる事により、発毛を促進するという内容です。血行を促進する成分を配合しているケースが多く見られていますが、これは毛根に栄養素を届けるのは毛細血管が役割を担っているからです。

毛細血管を通って送られてきた栄養素を毛乳頭細胞が吸収する事により、毛母細胞が分裂して頭髪は成長します。
つまり、頭皮の血行が思わしくない状態では、毛母細胞の分裂する頻度が低下するので、頭髪の成長が阻害されてしまうという事です。

育毛剤に血行を促進する成分が配合されているのは、このような不調を解消して発毛を促進することを目的としています。

また、現在では内側から薄毛を改善するために、内服タイプの育毛剤やサプリメントが開発されています。

頭髪の元になるたんぱく質や、それをサポートするビオチンや亜鉛などの栄養補給によるアプローチするタイプと、ノコギリヤシの様に脱毛の原因物質を抑制するというタイプとがあります。

内服タイプの育毛剤の場合は、プロペシアの様にAGA以外には効果を発揮しないものもありますが、サプリメントの場合はオールマイティーで効果を期待できるという点にメリットがあります。
特に、女性の薄毛はダイエットによる栄養不良やホルモンバランスの乱れが原因というケースが多いので、これらを改善する栄養素が配合されているサプリメントは、かなりの効果を期待できます。

なお、女性の薄毛に有効と考えられている成分は、ホルモンバランスを整える作用があるプラセンタと女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似している大豆イソフラボンです。
これらが配合されているサプリメントは、女性の薄毛に対しては効果的であると考えられ、しかも副作用に見舞われる心配がないというメリットもあります。

薄毛治療専門病院おすすめランキング