1. 20代薄毛
  2. 育毛全般
  3. ≫意外と知らない?抜け毛とフケ症の関係について

意外と知らない?抜け毛とフケ症の関係について

フケ症になっていると抜け毛になりやすいと言われていますが、その関係が成立するには、いくつかの理由が挙げられます。
そもそも、フケというのは、頭皮の角質が垢となって剥がれ落ちた状態です。

垢は誰もが出るものですから、取り立てて騒ぐべきものではありませんが、大きさが問題なのです。
健康な状態であれば、頭皮の垢というのは目にとまらない大きさになって落ちていきます。

ところが、肌の新陳代謝、すなわちターンオーバーが何らかの原因で乱れてしまうと、垢がフケと呼ばれるほど大きい状態で落ちるのです。

なぜ、このような状態になるのかというと、皮脂が過剰に分泌されることで、肌の常在菌が繁殖しすぎて、肌トラブルを招く事が考えられます。

ただ、健康で丈夫な肌であれば、多少常在菌が繁殖したところで耐えることが出来るのですが、肌というの人それぞれ体質が異なりますから、刺激に弱いとターンオーバーが乱れてしまうのです。

さて、このフケが体の外ではなく、髪の毛の毛穴に詰まってしまうと、そのフケが細菌の繁殖を招いて、抜け毛を加速させてしまいます。
さらに、フケが酸化して分解されると過酸化脂質と脂肪酸という物質が発生します。
これもやはり、抜け毛を加速させる要因となりえるのです。

また、普段の生活がフケ症の原因となることもあり、皮脂を根こそぎ落とす石油系の合成界面活性剤入りのシャンプーを使いすぎたり、ストレスが掛かり過ぎると、頭皮が乾燥してしまいます。
頭皮の乾燥が進み過ぎると、フケが落ちるし、酷い痒みをもたらすのです。

そして、抜け毛との関係はというと乾燥は抜け毛を加速させる要因ですから、フケ症になっているということは、それだけ頭皮の状態が良くないことを意味します。

このように抜け毛とフケ症の関係を見ていけば、フケ症を治療することで、抜け毛のリスクを大分抑える事ができると言えるでしょう。

常在菌が原因となっている場合には、抗真菌性分が配合されたシャンプーを使用することで解決が可能です。

また枕など、頭に直接触れるものは、汚れたものではなく洗濯をして清潔な状態にしたものにしておくことです。そうすれば、細菌が繁殖しにくくなります。

乾燥が原因となっている場合には、洗浄力が適度な天然成分のシャンプーを利用しましょう。その際、自然乾燥は逆に乾燥を招くので、吸水力の高いタオルでしっかりと髪の毛を拭くことが大切です。

ストレスなどは運動や趣味で解消し、睡眠やバランスの取れた食事も抜け毛を抑えるためには効果的です。

薄毛治療専門病院おすすめランキング