1. 20代薄毛
  2. FAGA
  3. ≫女性もAGAになるの?意外と知らない女性の薄毛・抜け毛の理由

女性もAGAになるの?意外と知らない女性の薄毛・抜け毛の理由

女性は様々な原因によってAGAを発症し、おしゃれを楽しめないなど苦しい環境に置かれます。女性のAGAの原因で多いものが、加齢です。体内で分泌されるホルモンの量は年齢によって変わります。女性ホルモンは30代から減少し続け、40代になるとさらに減少することで激しいホルモンバランスの乱れが発生します。女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛を育てて抜けにくくする作用があるため、年をとってホルモンバランスが変化すると、一気に抜け毛が増えてAGAになることがあります。若い人でもAGAになる原因として挙げられるのが、生活習慣の乱れです。髪の毛の90%以上は、18種類のアミノ酸で構成されたケラチンというタンパク質です。ケラチンは加齢だけでなく、過度の飲酒や喫煙、栄養バランスの偏った食事によっても不足します。髪の毛には亜鉛などのミネラルやビタミンB群が必要ですが、ファストフードやインスタント食品ばかりを食べたり、外食を繰り返したりすると不足しやすいです。髪の毛の栄養素が無くなると、1本1本が細くなり少し引っ張っただけで抜けるなどAGAの症状が現れます。若い女性で見られるのが、無理なダイエットです。若さによって食事を抜いても体調を崩すことは少ないですが、摂取する栄養が足りないと、生命維持にあまり関係ない髪の毛に供給される分が減り、健康的な髪の毛を育てることができません。また睡眠が不足しているケースも多いです。髪の毛が成長しているのは、寝ている時に成長ホルモンが分泌されるためです。成長ホルモンの量が多いと、髪の毛はハリやコシが出て丈夫で抜けにくくなります。成長ホルモンは午後10時~午前2時に多く分泌されるので、日付が変わる時も起きてテレビなどを見ていると、髪の毛が育ちにくくなります。ストレスは様々な病気の原因になりますが、それはAGAにも当てはまっています。人間は強いストレスを与えられると、交感神経によって血管が収縮します。慢性的なストレスは血管を広げる副交感神経の作用を邪魔するので、常に体を緊張させて血行不良を引き起こします、血行が悪いと、髪の毛を作る毛母細胞に栄養が届かなくなります。女性は更年期や生理などでホルモンバランスが変化すると、頭痛などの体調不良だけでなく、イライラするといった精神面にも様々な症状が出ます。これらが非常に強いストレスを感じさせ、髪の毛に悪影響を与えることがあります。髪の毛がたくさん抜けること自体がストレスとなれば、さらにAGAが進行するので日頃からストレスを発散する方法を持つ必要があります。さらに女性はカラーリングをするほど、AGAになりやすいです。カラーリングに使う薬剤には、頭皮環境を悪くする化学物質がたくさん含まれています。おしゃれのためと髪の毛を無理やりストレートにしたり巻き毛にしたりして、キューティクルを傷つけるとも1本1本をもろくして抜けやすくする原因です。

薄毛治療専門病院おすすめランキング