1. 20代薄毛
  2. FAGA
  3. ≫女性の薄毛についての基礎知識|分娩後脱毛症と女性男性型脱毛症とは?

女性の薄毛についての基礎知識|分娩後脱毛症と女性男性型脱毛症とは?

分娩後脱毛症の原因と対策・治療方法について

薄毛は男性が悩む病気と見なされがちです。しかし女性も様々な原因によって薄毛を引き起こすことがあります。その薄毛の種類の一つが分娩後脱毛症です。

これは出産後に薄毛の症状が出ることで、女性が経験する薄毛の代表的な種類です。一時的に抜け毛が増えて髪の毛も細くなるので、ボリュームが減ってしまいます。

見た目で薄毛が進行していると確認できるケースは少ないですが、女性にとって髪の毛は見栄えを良くするのに不可欠なので、心配する人が多いです。

この種類の薄毛の原因は、女性ホルモンの量が急激に変化することです。妊娠中は子供を育てるために女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンの分泌量が増えます。

髪の毛の生え変わりには一定の周期があり、女性ホルモンには髪の毛が抜けるのを抑制する働きがあるので、妊婦はそれまでより毛深くなることもあります。

一方で、出産すると大量の女性ホルモンが必要ないので、妊娠前と同じ分泌量になります。分泌量が減るスピードは速く、妊娠中に抜けるのを抑制されていた髪の毛まで抜けることで、抜け毛が増えて症状を自覚します。

さらに出産後の女性は慣れない育児や家事にストレスが溜まったり、子供の面倒を見ていると食事をまともにとれないこともあり、髪の毛が抜けやすい状況に陥ります。

毛周期は髪の毛が生える成長期に2年~6年、髪の毛が抜ける退行期に2週間~3週間、再び生えるまでの休止期に2ヶ月~3ヶ月かかります。

出産後は多くの髪の毛が休止期に入った状態なので、毛周期が最初に戻ると再びボリュームが増えます。

出産後の生活にもよりますが、分娩後脱毛症はおよそ6ヶ月間~1年で薄毛が気にならなくなります。

この種類では無理に抜け毛対策をしなくても、時間の経過とともに症状が改善することが一般的です。

ただし育児で自分のことまで手が回らず、抜け毛が止まらない場合は1年経っても分娩後脱毛症を治せないことがあるため、食事だけでもしっかりとるようにします。

食事では髪の毛の栄養となる食べ物を中心にするとより効果的です。まず髪の毛の基本となるのがタンパク質です。大豆や肉、乳製品などに多く含まれていますが、動物性タンパク質と植物性タンパク質の両方を摂取します。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあるので、抜け毛を減らすことへの効果が期待出来ます。大豆イソフラボンの摂取目安は1日40mg~50mgで、納豆では1パック程度と簡単に摂取できます。

ビタミンB群は、タンパク質と一緒に摂取すれば、頭皮環境を整えて髪の毛が生える土台作りに効果を発揮します。髪の毛を構成するケラチンというタンパク質は、ビタミンB6を使って生成されます。

豚肉やまぐろ、かつおなどを多く食べると良いです。さらに牛乳やチーズ、小魚などのカルシウムを多く含む食べ物は、髪の毛にコシを与えて丈夫にするのでまだ抜けていない髪の毛を健康的に育てるのに適しています。

女性男性型脱毛症の原因と治療方法について

男性の薄毛の原因の中でも高い割合として知られているAGAですが、近年では男性だけでなく、女性にも同じ種類の症状がみられるようになっています。

そもそも、AGAというのは男性ホルモンが過剰に分泌されることにより、毛母細胞の細胞分裂を妨げる物質に変化するため、発毛や育毛の妨げになっている症状です。

単に頭皮の環境が整っていなかったり、毛穴が詰まっていることで髪が細くなっているのであれば、頭皮や毛穴の環境を改善することでかなりの効果が期待できます。

しかし、AGAの場合にはホルモンバランスの乱れや遺伝が大きな要因となっていますので、一度発症すると改善するのが非常に困難です。

女性が発症する女性男性型脱毛症(FAGA)は、AGAとは同様の種類ではあるものの、メカニズムが若干異なっています。女性には、女性ホルモンのほかに男性ホルモンも分泌されており、女性ホルモンによって男性ホルモンの分泌量を抑えています。

また、女性ホルモンは髪の毛を育てる働きがありますので、男性ホルモンの影響を受けてもそれほど抜け毛が気にならないのが一般的です。

しかし、女性男性型脱毛症になった人は、女性ホルモンの分泌量が減少したことによって男性ホルモンの影響を受ける、AGAと同じ種類の症状を発症するようになります。

女性男性型脱毛症になる原因としては、加齢によるホルモン分の分泌量の減少、ストレスやダイエット、生活習慣の乱れなどによる体調の変化が主流となっています。

AGAと女性男性型脱毛症は同じような種類の薄毛ですが、男性は頭頂部や髪の生え際が薄くなるのに対し、女性は髪の毛が細くなり、全体的にまんべんなく薄くなる特徴がありますので、分けて判断されています。

また、女性の場合にはホルモンバランスを整えることで改善の可能性がありますが、男性の場合には進行性の症状ですので、状況を食い止める手段が必要になります。

治療について比較してみると、AGAに効果があるのはフィナステリドを配合したプロペシアなどの飲み薬です。これに加えて、ミノキシジルなどを含む外用薬を処方されるのが一般的な治療ですが、成長ホルモンを頭皮に直接投与する育毛メソセラピーなども希望があれば行われます。

一方、女性の薄毛の場合には、ホルモンを整えるためのサプリメントが処方されることが多いです。女性にもプロペシアの効果は期待できますが、ホルモンバランスを整える作用があるため、生理不順や生理痛などの症状を引き起こす可能性があります。

また、妊娠していた時の影響なども考慮して、ほとんどのクリニックで内服薬は女性には処方していません。塗り薬は使用できますので、男性のものとは配合を変えてより効果が出やすいものを用意しています。

AGA専門のクリニックでは、患者に合わせて個々に飲み薬を処方してくれますので、女性が飲み薬を利用できるケースもあります。複数の治療を行うことで効果がアップしますので、費用や治療内容を確認してから相談しましょう。

薄毛治療専門病院おすすめランキング