1. 20代薄毛
  2. 円形脱毛症
  3. ≫円形脱毛症の原因や症状別の治療方法について

円形脱毛症の原因や症状別の治療方法について

ストレスは円形脱毛症の「原因」というより「誘因」であると言われています。

ストレスが円形脱毛症の原因であるかのように思われています。ですが、水に火をつけても爆発しないのと同様に、ストレスが起こったからといって円形脱毛症に必ずなるとは限りません。ガソリンに火を近づけるのとは違うのです。

ストレスは誘因でしかなく、そのほかにも原因はあるのです。
円形脱毛症の原因としては、毛の周期異常や自己免疫疾患・内分泌系の障害・自律神経の障害など様々考えられます。一般的には極度のストレスが引き起こすと考えられているもののその2つの間にはっきりとしたメカニズムは解明されていないのです。

豆粒大から500円玉大の小さなものが1箇所、あるいは数箇所できる単発型が最もよく見られる症状ですが、ほとんど抜け落ちてしまったり、場合によってはまゆ毛や腋毛など全身の毛が抜け落ちてしまうような重い症状となる方もいます。婦人科疾患により円形脱毛症となる人も多いため女性が多く発症する病気のように思われます。妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れでなってしまう女性も確かに多いです。しかしながら、実際には年齢や性別に関係なく誰にでも起こる可能性がある病気なのです。

小さなものや数が少ない場合には自然に治ることも多いのですが、症状が長引くようなら病院で専門医に相談するようにしましょう。
薬で血管拡張や血流促進を促すようにしたり、雪状ドライアイスで刺激を与える雪状炭酸圧抵療法・ステロイド薬を内服して炎症を抑えるなどさまざまな治療法があり、症状に合わせてこれらの治療法を組み合わせて対処することになります。

ストレスも誘因である以上、仕事や人間関係などストレスをあまり溜めないようにすることが大切です。特に女性の場合は円形脱毛症になったこと自体もストレスになりやすいので早めに治療を行なうようにしましょう。
脱毛は起こっているものの毛包は休止しているだけで永久破壊しているわけではないのです。そのため治療することで回復は望めるのです。

円形脱毛症になってしまう原因について更に詳しく

さまざまな原因が挙げられる中「自己免疫疾患」によるものだという考えが主流となっています。

脱毛症と呼ばれる症状にも様々な種類がありますが、円形脱毛症も代表的な疾患です。円形脱毛症はその名前の通り、円形にすっぽりと髪の一部がなくなってしまうものです。目立つ部分にある場合はすぐに見つけることができますが、後ろ側にできているときは本人も気づいていないことが多く、他の人に指摘されたり、美容院などで発覚することも多くなっています。

円形脱毛症はひとつだけできることもあれば、複数現れることもありますし、悪化してしまうと時にはすべての髪が抜けてしまったり、体毛まで抜けてしまうこともあります。改善のためにはその原因も知っておき、原因となるものを取り除く必要もあります。円形脱毛症の原因は今でもはっきりしておらず、かつては強いストレスが原因ともされていましたが、最近では自己免疫疾患によるものという考えが主流となっています。

自己免疫は本来はウイルスや病原菌が体に入ってきたときに攻撃し体を守ってくれるものですが、この機能がうまく働かなくなると体の細胞を攻撃してしまうこととなります。ときには髪の毛根までを異物と判断して攻撃してしまいますので、これが脱毛症を引き起こすことにつながってしまいます。

脱毛部分が目立つのでできたときはショックを受ける人は少なくありませんが、円形脱毛症は自然に回復することも多く、過剰に心配する必要はありませんが、ストレスを溜め込んでいたり、疲労が続いていると改善が遅れてしまうこともありますので、ストレスを取り除いたり、疲労を取り除くことも大事です。

そして改善が難しい、悪化してくるという場合は医療機関での治療も検討してみましょう。治療にも様々な種類がありドライアイス療法で患部を刺激して改善を目指す方法もあれば、紫外線による光線療法、ステロイドの内服や塗布などもあげられます。炎症がアレルギーを抑える薬の内服も良い改善を期待することができますので、それぞれの症状に合った治療で改善を目指しましょう。

円形脱毛症の種類まとめ

円形脱毛症。人事の様で誰にでも起こり得ることだと思います。
それでは、一般に脱毛症という物はどの様な種類があるのでしょうか?簡単にまとめみたいと思います。

まずは、「単体型」と呼ばれるものです。

これはもっともよく見られる症状で、特徴としては自然治癒が多いという事です。半年や1年以内に回復するケースが多いのも、この単体型の特徴です。単体型というだけあり、1箇所にとどまるケースも多く自然に治る円形脱毛症とお考え下さい。

次に、「全頭脱毛症」と呼ばれるものもあります。

全頭脱毛症の名の通り、すべての髪の毛が抜け落ちてしまうという円形脱毛症です。こちらは現在でも原因が解明されておらず、単体型と比べても治療に非常に時間がかかる為、気になる方はウィッグやかつらなどを装着するとよいかもしれません。美容院やデパートなどで比較的簡単に手に入ります。

最後に、「汎発性脱毛症」と呼ばれる物について。

こちらは頭皮全体の広い範囲で円形脱毛症がみられる物で、単体型が一部分の脱毛症だとすると、この汎発性脱毛症は頭皮の広い部分に症状が見られ、また髪の毛全体が薄くなる傾向にあります。

一般的に円形脱毛症の原因、誘因は、ホルモンのバランスが崩れたり、ビタミン、ミネラルなどの不足、血行不良、精神的なストレス、遺伝、アトピーなど、実に多岐にわたります。

ここまで様々であると、治療法も様々なのではないかと思われることでしょう。ですが、円形脱毛症には、一般的に効果のない治療法と言うものも存在します。いくつか例をあげると、鍼灸治療、睡眠療法、漢方薬や精神安定剤などはあまり円形脱毛症には効果がない様です。

もちろん、すばやく治すために色々な知識は必要です。間違った知識で間違った治療をしないためにも、単体型、全頭脱毛症、汎発性脱毛症、この3つのキーワードを忘れずに、これからも長い付き合いの友である髪と仲良くしてゆきたいものです。

軽度の円形脱毛症の場合の治療方法について

円形脱毛症が男性型脱毛症と違うのは、一気に毛髪が抜け落ちるような勢いがあり、軽く引っ張るだけの小さな刺激でも多くの頭髪が抜けてしまいます。加齢などとは関係なく、老若男女どんな人にも発症する可能性があるのが特徴です。

単発型円形脱毛症は、比較的症状が軽度で小さな脱毛が多くても三か所ほど生じます。精神的疲労が回復すると共に症状も収まってくるケースが大半で、自然治癒に任せるのが一般的です。

目立つ場所に脱毛が現れたり、悪化していくようならば皮膚科で診察を受けましょう。脱毛が生じたこと自体にストレスを感じてしまうと症状の進行に拍車をかける悪循環に陥ってしまうので、脱毛を重大に考えず食事や睡眠などの日常生活を規則正しく送ることが大切です。

病院での治療は原因によって変わりますが、血行を良くして頭髪の生成を促したり、アレルギーを抑えたり免疫機能を高める効果のある内服薬を服用します。外用薬としてはステロイドが有効とされていて、特に初期段階で使用すると高い効果を得られます。依存性のある薬ですで、症状が軽度の場合は短期的に使われます。

重度の円形脱毛症の場合の治療方法について

軽度の円形脱毛症は小さな円形で済みますが、重度の円形脱毛症になると、抜ける範囲が広がったり、1カ所だけではなく複数カ所で脱毛を起こすことがあります。軽度であれば本人が気づかないうちに治っていることもあるのですが、重度になると、簡単に治ることはなく逆に広がっていくこともあるので適切な治療を受ける必要があります。

治療方法は複数あり、抗アレルギー作用のある飲み薬、炎症を抑えるステロイド薬の注射や服用、ドライアイスなどを使用した刺激による雪状炭酸圧抵療法、あえて頭皮に炎症を起こし細胞を活性化させる局所免疫療法、医療用の紫外線を当てて免疫力を向上させる光線治療などがあり、これらを組み合わせたりして治療します。

日常生活では幹細胞の活性化を行うために頭皮をマッサージして血行を良くしたり、発毛を促す育毛剤を使用するようにします。毛根に血液から栄養を送ったり、刺激を与えることで髪の毛が成長しやすくなります。ただし、家庭でできるものは軽度な症状ならば効果的ですが、重度になると気休め程度にしかならないので、専門の医療機関で受診して症状を確認してもらうようにしましょう。

効果的な方法は医師が説明してくれるので、基本的には指導された通りに行うことが最も良い方法となります。 

薄毛治療専門病院おすすめランキング