1. 20代薄毛
  2. AGA
  3. ≫頭皮に塗るタイプのミノキシジルと服用するタイプのミノキシジルの違いと副作用について

頭皮に塗るタイプのミノキシジルと服用するタイプのミノキシジルの違いと副作用について

AGAの治療薬の一つであるミノキシジルには内服薬と外用があります。一般的にドラッグストアで販売されているのは外用薬の方で、ミノキシジルの含有量によって効果や副作用が違います。ミノキシジルには血管を拡張させる働きがあるため、外用薬のように、直接頭皮に塗ることで、かゆみが生じることがあります。外用薬は副作用をできるだけ抑えるように作られており、その分効き目を実感することが少ないです。生え際やM字型の薄毛には効果が少ないことが多く、体内に吸収される量も少ないです。かゆみが気になる場合は、濃度の低い物から始めると良いでしょう。

内服薬はタブレットタイプとして飲むタイプがあります。タブレットは日本ではまだ認可されていません。副作用としてはむくみや動悸、多毛症、低血圧、頭痛、めまい、性欲減退があります。多毛症は頭以外の部分も発毛する症状で、耳の中や、指、背中、胸などに毛が生えてきます。重篤な副作用としては、心筋梗塞があります。

効果としては内服薬の方が外用薬よりも高く、すでに抜けている部分の髪の毛の発毛を効果的に促すことができます。内服薬は直接体の中に入るため、高血圧など血圧に問題のある人や心臓、腎臓に疾患がある方、高齢者、甲状腺の機能障害がある人は十分な注意が必要です。個人での輸入か、AGA治療の専門病院で処方してもらいますが、副作用が出る可能性もあるので、何かあった時に相談できるよう備えておくことが大切です。それはつまり専門の病院で診てもらうことを意味します。

薄毛治療専門病院おすすめランキング