1. 20代薄毛
  2. 育毛と栄養
  3. ≫イソフラボンに育毛効果があると言われている理由について

イソフラボンに育毛効果があると言われている理由について

イソフラボンは豆乳や豆腐、きなこなどの大豆製品に含まれている成分で、植物性エストロゲンとも言われています。

エストロゲンに育毛効果がある理由はその作用によります。「エストロゲン」は女性ホルモンであるため女性の身体に大きな影響を与えて、妊娠や生理を起こすために必要なのですが、その働きの中に「髪の毛の成長を促す」「髪の毛の成長期間を持続させる」というものがあります。

女性が閉経を迎える時期になると薄毛に悩んでしまうのは、エストロゲンの不足が大きな要因となっています。

髪の毛の成長がスムーズに行かなくなり、成長期が短くなってしまうことで抜け毛が増えたり、退行期や休止期の髪の毛が増えてしまうため全体的な髪の毛の量が減ってしまい、薄毛や抜け毛に悩むことになってしまいます。

エストロゲンは髪の毛の成長のサイクルを整えるために必須のホルモンです。女性ならばエストロゲンを増やすことも簡単ですが、男性は女性ホルモンの分泌量が女性よりも少ないため、自分の力だけで増やそうとするのは難しいものです。

そこでイソフラボンを摂取するのです。

イソフラボンは人間の体内に入るとエストロゲンと同じ働きをしてくれるモノのため、植物性エストロゲンと呼ばれているのです。

他にもエストロゲンには肌の健康や頭皮を若々しく維持するという働きや抗酸化作用があり、血液をサラサラにしてくれるため育毛に必要な栄養素や酸素を毛根へしっかりと運ぶことができるようになります。

さらにエストロゲンには男性型脱毛症の原因となるテストテロンをジヒドロテストテロンに変換してしまう酵素の5αリダクターゼ抑制作用もあると言われています。

これにより毛乳頭の細胞分裂を抑制する作用も防ぐことができるため、育毛効果があるという研究データが報告されています。

イソフラボンは食品中に含まれている成分のため、育毛のために食べ続けても副作用がほとんどないとも言われています。

育毛にイソフラボンが効果があると言われているのは、これらが理由なのです。

薄毛治療専門病院おすすめランキング