1. 20代薄毛
  2. 自毛植毛
  3. ≫なかなか治らないAGAは「自毛植毛」で解消しよう

なかなか治らないAGAは「自毛植毛」で解消しよう

自力で治療することが難しい薄毛の症状は、AGAと言って専門的な治療を行わなくてはならない症状である可能性があります。AGAは、その人が生まれ持った男性ホルモンの分泌量によって症状が出てしまう病気であるため、自力でどれだけ努力してもまともな薄毛の改善を期待することはできません。実際に、AGAに関しては専門的な発毛治療が既に提供されていますので専門外来に行けば薬を処方してもらうことも可能です。

もちろん、AGA治療を行う際には患者によって薬の成分がその患者に合わなくて利用することができないケースも考えられます。そのような人のために、AGA専用の特別な手術も準備されています。本格的な発毛治療でAGAを解消したいと考えているのならばそちらの手術を利用することも一つの手段でしょう。

発毛治療を実施する際には、まずクリニックに言って頭皮の状況を判断してもらって手術ができる症状であるかどうかを確認する必要があります。

一般的に、発毛治療を行うことが可能な薄毛の症状はAGAのみと決まっているので円形脱毛症などの原因がよくわからない病気に関しては発毛治療を受けることができないということを知っておきましょう。

こうしたAGAを治療するために髪の毛を一から再生させる手術として最も効果的だと考えられているのは、自毛植毛という手術方法です。

なぜ自毛植毛が髪の毛の発毛に役に立つと判断されているのでしょうか。

元々、自毛植毛というのはAGAに対する有効な手段として考えられたものだったので、抜け毛を減らすことそのものを考慮して手術が考えられていました。

従来までは、自毛を利用せずに人間が独自に作った人工毛という合成繊維を使った手術が大半を占めていたのですが、人工毛を利用した手術をしても根本的な抜け毛の原因を解消できるわけではなかったので、なんとかして自毛を発毛させる方法が考えられたのです。

自毛植毛はこうした流れで考えられた方法なので、発毛をすることが出来るのはもちろん、抜け毛の原因となっている根本を排除するという目的も持っています。

なぜ自毛植毛を利用すると抜け毛の根本的な原因を解消することに繋がるのでしょうか。

それは、移植する髪の毛に対して抜け毛の作用が行き届かないからにほかなりません。抜け毛が深刻化している人の大半は、体内に存在する抜け毛の作用を促す物質が男性ホルモン受容体という部分と接触することによって症状を発症しています。

この作用が長期化してしまうと、髪の毛を成長させる力が弱まって正常な髪の毛のサイクルがやってこなくなってしまうのです。

普通、髪の毛は成長と退行と休止を繰り返していますので、退行期や休止期に入って髪の毛が抜けてしまったとしてもサイクルとして成長期に戻ってくれば自然と髪の毛が発毛してそのまま成長を繰り返すようになります。

ところが、髪の毛の脱毛作用が頭皮に行き届いてしまっているとサイクルとして戻るはずの成長期に髪の毛の成長が回らなくなってしまうので、抜け毛が自然と多くなり薄毛になってしまいます。

自毛植毛は、こうして停滞した髪の毛の成長期に至るサイクルを元の正常だった状態に戻して新しい発毛作用を促そうとする手術のことを言います。

医学的な観点から、男性ホルモン受容体が存在しない自毛を移植させれば移植された髪の毛は停滞していたサイクルを復活させて成長し続けることになりますので、たとえ移植された髪の毛がその後に劣化して抜けてしまったとしても発毛作用はずっと継続され続けていきます。

患者の少なくなった自毛を使った手術であっても、男性ホルモン受容体がない髪の毛を利用することによって効果が発揮しますので、医学的な原理で考慮してもしっかりと根拠が発毛治療として重宝されているのです。

薄毛治療専門病院おすすめランキング