1. 20代薄毛
  2. 育毛全般
  3. ≫お酒好き必見!育毛に禁酒が必要と言われる理由

お酒好き必見!育毛に禁酒が必要と言われる理由

育毛のためには禁酒をしたほうがいいと言われており、育毛サロンでもこのように言われることがあります。

禁酒をするべき方は大量にお酒を飲んでいる方であり、適量の方はまったく問題ありません。むしろ適量のお酒は巡りに働きかけることで育毛を促進してくれるメリットがあります。

飲酒で注意したい方は、適量を大きく超えて飲んでいる方です。毎日浴びるように飲んでいる方は、肝臓や胃腸に負担をかけてしまいます。

消化・代謝機能に影響が出てくるので、毛母細胞の分裂機能も低下すると考えていいでしょう。その結果、髪が細くなって弱々しくなっていくのです。

洗髪後の抜け毛が急に増えた方はもちろん、本数は同じなのに量が減ったという方は頭皮環境が悪くなっている可能性があります。そのまま放置しておくと薄毛を促進するので、お酒の量を減らしていく必要があるでしょう。

いきなり禁酒するのは難しいので、段階的に減らしていくことをおすすめします。もちろん強い意志を持って禁酒できるなら、そのほうが育毛のためにもよいです。

過度のアルコールは動脈硬化を促進するので、血行不良を引き起こしてしまいます。元気な髪を育てるには、血流をサラサラに維持する必要があります。

血流がドロドロになってしまうと、毛母細胞の元気がなくなっていきます。酸素と栄養を十分に届けることができなくなり、髪が弱くなっていくのです。

冷え性が薄毛を促すと言われる要因も、血行不良と関係しています。肥満や脂質異常症が薄毛につながるのも、血流を悪くしてしまうからです。

お酒好きの方が育毛するためには禁酒をするのが好ましいですが、それが無理なら適正量まで減らしましょう。育毛対策は時期が遅れてしまうと、元の状態に戻すのが難しくなります。

失った髪の毛を取り戻すのは非常に難しいことなのです。最大の育毛対策は、今ある髪の毛を維持することにあります。育毛を成功させるためにも、お酒の飲みすぎには注意しましょう。

薄毛治療専門病院おすすめランキング