1. 20代薄毛
  2. AGA
  3. ≫いくらくらい必要?AGAの治療にかかる費用の相場について

いくらくらい必要?AGAの治療にかかる費用の相場について

AGAを防ぐ方法は、植毛による移植手術と薬を利用した方法の二つがあります。

クリニックに行けば移植手術の他にも薬を利用した髪の毛の増毛手段を教えてくれるので、AGAの症状に困っている人はすぐにでも相談に行くことが賢明です。

植毛手術をするにしても薬を利用するにしても、それらの方法を利用することによって患者の身体に対して副作用などの良くない影響が出てしまうのは好まれません。

そのため、それぞれのクリニックではできるだけ多くの選択肢を患者に与えておいて、どの手段を利用してもAGA治療をすることができるようにしています。

もちろん、多種多様な選択肢を用意しているのは費用の面からも問題点があるからです。

AGA治療をするときには、例えば自毛植毛を利用するときにかかるお金は数十万以上が当たり前なのでお金がない人ではこれだけだとAGA治療ができません。

AGA治療を低価で行うためにも、手術以外の方法がないと選択肢がなくなってしまいます。髪の毛の薄毛が進行している人は、そうした手段の中から自身に最もあっている手段を選択すれば良いので、それが植毛手術であるのならば支出を考慮して負担が生じないようにしましょう。

植毛手術の中にもドナーの採取方法などに関してはそれぞれのクリニックで別の手段が提供されていることが非常に多いです。ドナーの採取方法によって相場が異なることもありますのでこの点に関しては注意が必要です。患者の頭皮の状態は異なっていますので、人によって敏感肌になっていたり頭皮の状態が非常に固くなっていることも予想できます。

特定の方法のみで無理にドナーの採取を行ってしまうと予想していた以上の出血が出てしまうこともあります。植毛手術は、その後の経過観察も重要になる手術なので、頭皮の状態が悪いまま移植すると後で良くない影響が出ることもあるのです。ドナーの採取方法を考えれば、頭皮に最も負担のない方法を選択してかつ相場が安くなることもあるので知っておきましょう。

また、薬を継続的に使ってAGAを治療するにしても植毛手術を相談して実施してもらう時であっても、患者は自己負担ですべての費用を支出しなくてはいけません。

薬に関しては保険が適用されるわけではないので継続的に使うのならば、一回あたりの相場を調べて事前に計算しておくことが大事です。だいたい一回あたりの相場としては5000円から1万円程度のお金が必要です。
※金額に幅があるのは、初回限定のサービスなどがクリニックによってあるからです。

植毛手術に関する費用でも、日本の保険制度を適用することが不可能なので手術をするときには一般的な手術と違って費用を控除することができません。

こちらも費用の支出に関してはどの程度の計算になるのかを事前に患者本人が計算しておかなくてはいけません。

では、具体的に植毛手術の費用はどのような基準によって計算していけばよいのでしょうか。

実は、植毛手術の費用に関してもそれほど難しく考えなくても株の数によって計算するという基準が存在します。

株は髪の毛を幾つかに束ねたもののことを意味し、この本数がどの程度必要になるのかを計算することによって植毛手術の費用を容易に計算することができます。

必要になる株の本数の数え方は、頭皮の薄毛の状態を面積で把握することによって計算します。

薄毛の部分に透明なラップなどをかぶせてマジックでその薄毛の部分をなぞっていけば簡易的に面積を測定することができます。

その面積に移植することになる株をそれぞれのクリニックで提示されている株の単価で計算することによって、相場を計算することが基本です。

AGA治療で必要になるお金は患者自身の頭皮の状態に完全に依存するのでこれは知っておく必要があります。

薄毛治療専門病院おすすめランキング